トリコモナスの治療

トリコモナスの症状と治療法

トリコモナスとは

トリコモナスは、トリコモナス原虫という小さな生物によっておこります。

この原虫は粘膜上に感染するため、性行為によって感染が広がります。 ですが、トイレの便座やお風呂の使用、タオルなどによって感染することがあることも知られています。

感染者数は日本では女性の5~10%、男性の1~2%ほどで、自覚症状がでないことも多いため 広い世代にわたって感染がみられます。

トリコモナスの症状

女性の場合
トリコモナスに感染すると約10日の潜伏期間ののち尿道、膣、膀胱に炎症がおき、強いかゆみや痛みがでます。 尿道、膣の炎症によって性交や排尿時に不快感を感じることがあります。 おりものが悪臭をともなう泡立ったものになることもあります。

トリコモナスを治療せずに放置しておくと炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産をまねく可能性もあります。

男性の場合
男性の場合は自覚症状がでないことがほとんどです。 自覚症状があった場合には尿道から膿がでて、排尿時に痛みを感じます。

おしっこをすることで原虫が尿道から外に出されることが多いのですが、 内部にまで感染していた場合には前立腺や精のうに炎症を起こします。

トリコモナスの治療

トリコモナスの治療は薬の服用によって行い、10日ほどで完治します。
トリコモナスの感染を予防するにはコンドームの使用が有効です。