個人情報と性病検査について

匿名で性病検査を受ける方法

性病に感染したかどうか不安だけど保険証を使ったり人の多い病院には行きたくないという場合には 匿名で性病の検査を受ける方法が2つあります。

1つは保健所で検査を受けることで、保健所ではかなり匿名性に配慮されています。 しかしこれはどこの保健所で検査を受けるかによって差があります。 また、結果の通知はかならず面談で行うことになっています。

もう1つの方法は検査キットを使う検査方法です。 検査キットでの検査はかなり匿名性が重視されており、そのため検査キットを使用する方が多くなっています。

検査キットは具体的にどのくらい匿名なのか

検査キットを使用した場合、ご自分の名前や住所が必要と考えられるポイントがいくつかあります。

  • 購入する際の料金の支払い
    購入はインターネットかコールセンターへの電話ですることができるのですが、支払いの方法は主に3つあります。
    まずはクレジットカード。この場合はどうしても名前やカード番号を知らせる必要があります。
    次に銀行振り込みの場合は口座番号と名前が履歴として残ります。
    そして代引きの場合ですが、コンビニ代引きを使えば個人情報を晒す必要はありません。

  • 検査キットの郵送先の指定
    検査キットの郵送先には自宅だけではなく、コンビニや郵便局などを指定することができます。
    これを使えば自宅の住所を郵送業者に知らせる必要はありません。
    また、郵送されるキットには中身が検査キットだと知られるような記載は一切ありませんのでこの点でも安心です。

  • サンプルを医療機関へ送る
    自宅からサンプルを医療機関へ郵送し検査してもらう時にはご自分の名前や住所を記載する必要はありません。
    検査を行う医療機関では、届いたサンプルは誰のものかわかりません。わかるのはそのサンプルの番号だけです。

  • 結果を確認する
    ネット上で検査結果を確認する場合、必要になるのはその検査キットに付属する番号だけです。
    お名前を入力して結果を確認する必要はありません。

このように、検査キットでの性病検査ではかなり匿名性が高くなっています。
特に検査を行う際には個人情報を提供する必要は全くなく、検査の結果は誰も知ることができないようになっています。