性病の診断で保険適用できるか

性病検査で健康保険を適用するには

病院で性病の検査を行うと、健康保険が適用される場合とされない場合があります。 もし痛みやかゆみなどのなんらかの症状がすでに出ているのであれば保険は適用されます。 その場合は診察代、検査費用が3割負担(金額の30%を自分で払う)になります。

なにも症状がでていないけど不安だから検査をしてほしい、という場合には残念ながら保険は適用されません。 ただし、検査の結果、感染していることがわかった場合はあまりうれしくはないですが 保険が適用される場合も病院によってはあるようです。

その後の治療についてはすべて保険を適用して行われます。

検査キットでの検査では保険を使うことはできません。

健康保険と医療費通知でばれる?

健康保険を使うと、医療費通知というものが送られてくる場合があります。 医療費通知とは、どのくらい健康保険が使われているかを健康保険組合があなたに知らせるものです。

ただ、どの健康保険組合に入っているかによってその回数や内容が大きく異なります。 ランダムに抽出された人にだけ送られてくる場合や全員に送られてくる場合があったり、 どの病院で使ったかが記載してあったりされていなかったり、勤務先に送られることもあったりと様々な場合があります。

そこで心配になってくるのが、自分がどこの病院で何をしたかばれてしまうのでは?ということなのですが、 病院名が記載されることはありますが、何科やその内容までは記載されません。 しかし産婦人科や泌尿器科のみの病院へ行った場合は病院名からわかってしまう場合があります。

この点がもし不安なのであれば、事前に自分の健康保険組合がどのような医療費通知を行っているのかを 調べておくことをおすすめします。