性病の検査内容

性病検査では血液、尿、おりもの、のど粘膜の検査を行います

性病の検査で行われる検査内容としては次のものがあります。

血液検査

一般的な血液の検査です。血液を少量採取して血液中の成分を検査します。
性病の検査の中では最もよく行われているものです。
血液検査で判別できる性病の種類は次のものです。

  • HIV
  • クラミジア
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス
  • B型肝炎
  • C型肝炎


尿検査

尿の検査は男性向けの検査で行われます。通常の尿検査と同様に尿を採取し検査します。
尿検査で判別できる病気は次のものです。

  • クラミジア
  • 淋病


おりものの検査

おりものの検査は女性性病の検査で行われます。
膣内にめんぼうのようなものを数センチほど入れ、内側の粘膜部分を軽くこすって膣分泌物を採取します。
この検査で判別できる性病は次のものです。

  • クラミジア
  • 淋病
  • 膣炎
  • ガンジダ
  • トリコモナス


喉(のど)粘膜の検査

性病は性器周辺だけではなくノドにも感染します。
ノドに感染しているかどうかを判別するために行う検査がノドの粘膜の検査です。
この検査では、カルポーターと呼ばれるめんぼうのようなものでノドを軽くこすって粘膜を採取します。
喉の粘膜の検査で判別できる性病は次のものです。

  • クラミジア
  • 淋病


検査機関や検査を行う性病の項目によって検査の内容が変わることがありますので、
必要な場合には検査を行う検査機関へお問い合わせください。