セルフチェックでできる性病の検査

自分でできる性病検査キットとは

性病の検査というと以前は病院か保健所でしか行うことができませんでした。 そのため、時間のない方や検査を受けることにためらいがある方が多く、 性病に感染しながらも自覚していないということがあり感染を拡大させる要因になっていました。

しかし最近になってセルフチェックでできる検査キットというものが開発されました。 この検査キットでの検査では手軽さと匿名性がすぐれているため、 これによって性病の検査を受けることが簡単にできるようになりました。

検査キットで主流なのは、検査キットを購入し自分で専用の器具を使って血液などを採取して それを医療検査機関に送り結果を待つという方式です。

中には購入した検査キットで血液などの採取から性病感染の判別までをセルフチェックでできるものもあるのですが、 この方式のものは判定精度が低く信頼性がかなり低いためおすすめできません。

セルフチェックではなにをする?

検査キットを購入したあとでセルフチェックとして行わなければならないことは次のようなことです。

  • パッケージに入っている取り扱い説明をよく読む
  • 専用の器具を使って血液、尿、のどの粘膜、膣の粘膜を採取する
    (採取するものは選択するキットによって異なります)
  • キットに付属している返信用封筒に採取したサンプルを入れてポストに投函する

これだけです。結果はネット上や郵送などで確認することができます。