性病の症状の発疹

特徴的な赤みやただれなどの発疹

性病の種類によって、特徴的な発疹などの症状がでます。
特に感染する可能性が高い性病について、あらわれる症状をまとめました。

女性の場合

クラミジア
クラミジアに感染した場合、子宮周辺部に炎症を起こすことがあります。
外からは見えませんが、炎症があれば性交時に痛みがあることがあります。

淋病
子宮周辺部に炎症を起こすことがあります。
外からは見えませんが、炎症があれば性交時に痛みがあることがあります。


男性の場合

クラミジア
クラミジアに感染した場合、尿道や精巣に炎症を起こし腫れて痛みがでることがあります。
また、かゆみや不快感を感じることもあります。

淋病
尿道や精巣に炎症を起こし腫れて激しい痛みがでることがあります。


男女共通

疥癬(かいせん)
全身に小さな赤いブツブツや大きなしこりが出来て激しい痒みがあります。
また、ミミズ腫れのような発疹がでることもあります。

性器ヘルペス
性器周辺からおしりにかけてかゆみがでます。
しばらくすると赤いブツブツや水泡ができそれが破れてただれ、強い痛みを感じます。
また、足の付け根のリンパが腫れて痛みがでることもあります。