性病と皮膚炎

皮膚に症状がでる性病

性病に感染すると、性器周辺だけではなく全身の皮膚に症状があらわれるものがあります。
症状は赤く腫れたりコブができたりと様々です。

皮膚に症状がでる特徴的な性病の種類とその症状をまとめました。

梅毒
梅毒に感染すると、感染から約1ヶ月程度で感染した部位に1~2センチほどのちいさなコブができます。
できる部位は性器周辺だけでなく全身の様々な部位にできる可能性があります。
しばらくするとコブは硬くなってきます。

また、太股の付け根部分が腫れますが痛みはでないことが多いです。

疥癬(かいせん)
全身に小さな赤いブツブツや大きなしこりが出来て激しい痒みがあります。
また、ミミズ腫れのような発疹がでることもあります。

ケジラミ
陰毛とそれ以外の体毛部分にかゆみがでます。かゆみがあっても赤くなることがありません。

性器ヘルペス
性器周辺からおしりにかけてかゆみがでます。
しばらくすると赤いブツブツや水泡ができそれが破れてただれ、強い痛みを感じます。
また、足の付け根のリンパが腫れて痛みがでることもあります。