梅毒の治療

梅毒の症状と治療法

梅毒とは

梅毒は古くから知られている性病の一つです。

梅毒は段階的に進行する病気で、感染から10年ほどで死亡する恐ろしい病気でした。 しかし現在ではペニシリン系の抗生物質を使用することで完治させることができます。

梅毒は病原菌によって感染します。比較的感染しやすく、口の周辺をケガしている場合などには キスだけで感染することもあります。 セックスでの予防はコンドームをしようすることで可能ですが、フェラチオなどのオーラルセックスによって 口やのどに感染することがあります。

梅毒の症状

梅毒に感染すると、感染から3週間から3ヶ月ほどで感染した部分に小さくて硬いしこりができます。 このしこりは放置しておくと自然に消えますが、病原菌は体内に広がっており病気が進行していきます。

感染から3年ほどすると体中のリンパ節が腫れたり、熱がでたりします。 また、全身、特に手足にに特徴的な赤い発疹がでることもあります。

現在では適切に治療が行われているため、ここまで症状が進むことはあまりありません。

梅毒の治療

梅毒はペニシリン系の抗生剤を服用することで完治させることができます。 治療のための期間はどれだけ症状が進んでいるかによって変わりますが、 初期の感染であれば2~4週間程度です。

治療が遅れるとそれだけ症状がひどくなり、治療にも時間と費用がかかりますので 心配な場合は早めに検査を受けるようにしましょう。