女性の性病は妊娠や赤ちゃんにも。早期検診で完治を
検査キットを使って妊娠前チェック

性病に感染した女性の妊娠は?

性病に感染した女性が妊娠すると、 病気の種類によっては母子感染することがあります。 これらの感染は流産や死産の原因になります。

病原菌が母子感染してしまった場合、 赤ちゃんは抵抗力が弱いためこれらの病原菌によって 肺炎、失明、奇形や最悪の場合死に至ることもあります。

感染していた場合、母子感染する可能性のある性病は次のようなものです。
  • エイズ
  • クウラミジア
  • 淋病
  • カンジダ
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • コンジローマ
  • B型肝炎
  • C型肝炎

また、男女ともに性病の感染は不妊症の原因にもなります。
これらの菌やウィルスに感染しているかどうかは簡単な感染検査によって判定できます。

感染していた場合、不妊症になる可能性のある性病は次のようなものです。
  • クラミジア
  • 淋病
  • トリコモナス

早期検査で早期治療

病原菌やウィルスに感染している期間が長ければ長いほど、治療が行いにくくなります。

感染は体の表面からしだいに内部へと広がっていく場合が多いですので、 出来るだけ早く感染に気づき治療を開始することが重要となります。

病原菌やウィルスの種類によって、治療のしやすさや完治できるかどうかが変わってきますので 体に異常がある場合はなるべく早く検査をして適切な治療を受けるようにしましょう。