STDの種類

性病の種類

一般的に「性病」といわれる病気にはいくつかの種類があります。
自覚症状がないものから命にかかわるものまで様々です。

しかしほとんどの性病は放置しておくと深刻化し、妊娠出産にまで影響を与えます。

よく知られている性病の種類と特徴は次のようになっています。

  • HIV
    最も深刻なウィルスで、発症した場合死に至ることもあります
    現在はHIVウィルスを完全に取り除くことができません
    近年感染が拡大しています

  • クラミジア
    非常に感染しやすく、自覚症状がでにくいため感染が急激に拡大しています
    クラミジアに感染しているとHIVに感染する確率が数倍に上がるため
    STDの中では一番注意しなければならない病気です

  • 淋病
    クラミジアの次に感染しやすい性病です
    感染しても症状がでないこともよくあります

  • 梅毒
    昔は風俗でかかる病気として有名でしたが
    ペニシリンによって感染は縮小されました
    発症しているとキス程度でも感染する場合があります

  • カンジダ
    カビの一種で、もとから人の体内に存在するといわれています
    体調を崩したりすると性器付近にかゆみや腫れなどの症状がでます

  • 疥癬(かいせん)
    疥癬はダニによっておこり、腫れやかゆみがでます
    性行為による感染よりは感染者や寝具などとの接触によって感染する場合が多いです

  • ケジラミ
    陰毛などの毛に小さな虫が住みつくことによりかゆみがでます

  • 尖圭コンジローマ
    性行為等によるウィルスの感染が原因で起こります
    性器にイボができ、経過とともにその数が増えます

  • 性器ヘルペス
    性器に水ぶくれができ、強い痛みがあります
    口にできる口唇ヘルペスとはウィルスのタイプが異なります

  • トリコモナス
    小さな原虫によってひきおこされる病気です
    性行為以外にも生活用品から感染することもあります

  • B型肝炎
    B型感染ウィルスによる肝炎です
    近年日本国内でも拡大しつつあります

  • 子宮頸がん
    性病ではありませんが、性行為によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV) が主な原因とされています
    ワクチンの接種と検査によって95%以上の子宮頸がんが予防できるといわれていますが、同時にワクチンによる強い副作用が多数報告されています