カンジダ膣炎の治療

カンジダの症状と治療法

カンジダとは

カンジダは真菌によっておこる病気で、この真菌はもとから人の体内に存在しています。 ですので、性に関する病気ではありません。

カンジダは人間の腸内に存在し、女性の膣内にも存在することがあります。 これらが原因となってさまざまな部位にかゆみなどをおこします。

カンジダの症状

疲れたりストレスがたまったりすることがきっかけで体調をくずすと カンジダによって皮膚のかゆみがでたり炎症をおこしたりします。 これらが性器周辺に起きると性器カンジダ、膣内で起こるとカンジダ膣炎と呼ばれます。 また、性器周辺だけではなく、口、脇の下などにも症状がでます。

カンジダはカビと同じようなもので、湿度の高く温度が高い部位に症状がでます。 そのため、女性の性器周辺や膣内などはとくに症状がでやすくなっています。 男性の性器は比較的湿度がたまりにくい形状をしているので、女性に比べ症状がでることが少なくなっています。

風邪薬などとして抗生物質を服用しているとそれをきっかけにカンジダがあらわれることもよくあります。

女性の場合
女性の場合は、性器周辺部や外陰部にかゆみや炎症がでます。 膣の中で炎症を起こしている場合にはヨーグルト状のおりものの量が増えることがあり、性交時に痛みを感じることがあります。

男性の場合
男性の場合は症状がでることは少ないのですが、亀頭や陰茎にかゆみや炎症がおきることがあります。

カンジダの治療

カンジダはもとから人間の体内に存在する菌ですので、完全に取り除くような治療は行いません。 炎症を起こしている部位には抗真菌薬を使用して治療します。

カンジダはストッキングやガードルのようなしめつけがきつく蒸れやすい下着などを着用していると 発症しやすくなりますので、ふだんから通気性がよく吸湿性のよい衣類を着用するように心がけてください。