ケジラミの治療

ケジラミの症状と治療法

ケジラミとは

ケジラミ(毛じらみ)は人間の毛に寄生する小さな昆虫(シラミ)による感染症です。 ケジラミは体長1~2mmほどの虫で、肉眼でも確認することができます。

陰毛の根元にひっついていることが多く、一見するとフケのように見えますが、 よく見ると小さいカニやエビのような形をしていることがわかります。

ケジラミは陰毛にひっついて血を吸い、陰毛の根元に黒い1mmほどの卵を産みつけます。

性行為によって陰毛が直接接触すると、それによって感染します。 公衆浴場での入浴や感染者が使用したあとの清潔でないタオルの使用などによっても感染しますので、 性行為以外での感染も十分考えられます。

ケジラミの症状

ケジラミに感染すると数日~1ヶ月ほどしてから非常に強いかゆみを感じます。 かゆみは夜寝られないくらい強いものです。

また、ケジラミが吸った血やフンが下着に付くことで異常に気づきます。

頭髪には感染しませんが、それ以外の体毛に感染することもあります。 頭に感染するタイプの頭しらみもありますが、これは陰毛に感染するタイプのものとは別のものです。

ケジラミの治療

ケジラミは陰毛にひっついており卵を陰毛に産みつけるため、陰毛をすべて剃ってしまうことが有効です。 しかし少しでも毛が伸びているとそこにひっつくこともあり、対処方法としては完全ではありません。

一般の石鹸の使用は有効ではありませんし、入浴も有効ではありません。 スミスリンシャンプーというシャンプー剤を継続的に使用することによって2週間ほどでケジラミを治療することができます。 このシャンプーは卵にも殺虫効果があります。

感染している間は家族にも感染させることがありますので、風呂の使用やタオルの使い方など 感染を拡大させないように十分注意しましょう。