淋病の治療

淋病の症状と治療法

淋病とは

淋病は淋菌が原因となって発症する性感染症です。
性行為などで粘膜に感染する、とても感染しやすい病気です。

感染率は約30%と高く、同時にクラミジアにも感染していることが多くなっています。 一時期、感染者数は減少していたのですが、1990年代をすぎてからは感染者数が増加しています。


淋病の症状

淋病に感染すると、数時間から数日で発症しますが、自覚症状がない場合も多くあります。 性器のほか、男女共に喉(ノド)、眼、直腸などに感染します。

女性の場合
膣から子宮あたりに炎症をおこします。おりもののの増加や悪臭などの変化がありますが、 約80%の女性には自覚症状がないといわれています。 感染を放置しておくと体内に感染が拡大し、子宮外妊娠や不妊の原因となります。

妊娠中に感染していると赤ちゃんは出産時に淋菌に感染します。 この場合、両眼が侵されることが多く早期に治療をしないと失明するおそれがあります。

男性の場合
尿道に感染することが多くおしっこの際に激しい痛みがあり膿がでます。 しかし自覚症状のでないこともあります。

治療をせずに放置していると痛みが治まることもありますが菌は体内に残っており これがしだいに広がり体内の生殖器の炎症をおこします。それによって無精子症になることもあります。


淋病の治療

淋病の治療は抗生物質の服用でおこないます。治療の期間は数日~2週間程度です。

淋菌が完全になくなっていない状態で薬の服用をやめてしまうと 症状が再びでたり治療できたと思ったまま淋菌に感染し続けることになります。

また、最近では薬に耐性を持った菌もあらわれていますので、医師が完治したと診断するまで しっかりと薬を服用するようにしてください。